FX「くりっく365」のメリット・デメリット

◆FXのくりっく365とはそもそもどんなもの?

img_fx13.jpgFX取引をはじめるにはFX業者に口座を開設して資金を預けなければなりません。それだけに万一FX会社が経営破綻した場合など、預けた証拠金が戻ってくるか心配になります。一般のFX取引ではインターバンクを通しての相対取引なのですが、くりっく365は、東京金融取引所の定める厳しい資格要件を満たしたFX業者のみが参加できるFXの公設市場で、投資家が払い込んだ証拠金は全て東京金融取引所から決済性預金として、銀行で日本円の現金で保管されます。このことによりくりっく365の証拠金は原則的に全額が保護されると考えていいのです。


◆くりっく365のメリットは?

くりっく365は税制優遇が受けられる
クリック365で得た利益には申告分離課税が適用されるので、所得の大小に関わらず税率は一律20%と非常に小さくなります。一般の店頭FX取引は総合課税のため、他の給与所得や事業所得などと合算されて、50%といった高い税率がかかる場合もあります。また確定申告を行なっていれば損失の3年間の繰越控除や、証券先物・商品先物との損益通算ができるといった税制優遇が受けられるメリットがあります。

くりっく365のスワップポイントは売り買いともに1つで高い
くりっく365のスワップポイントは、売り・買いともに東京金融取引所の決める1つの価格です。透明性が高いうえ、通常のFX会社より高く設定されています。

くりっく365のFX業者は信用があり証拠金も保護される
くりっく365を取り扱うことのできる業者は、経営状態や財務状態が良いことなど、一定の優れた条件を備えているので、預けた証拠金が原則として保護され、万一のときも全額返却されるので安心です。


◆くりっく365のデメリットは?

上記のように信用リスクがなく、税制優遇が受けられるなどメリットの多いくりっく365ですが、取引できる通貨が7種類と少ないことやドル/ユーロなどの外貨同士の取引はできません。大きな取引や有利な取引の選択ができないのでFX上級者には物足りないかもしれません。しかしFX初心者にとっては安心感などのメリットが大きいので、通常のFX会社とあわせ、くりっく365の登録会社にも口座を開設してみてはいかがでしょう。

●くりっく365 登録FX会社→ クリック証券【くりっく365】



人気ブログランキングへ
posted by gnawman at 19:06 | FXの基礎知識と備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX初心者の開始資金

◆バーチャルFXと実際の小額取引のどちらから入るか

初心者がFXをはじめる時の練習として、バーチャルFXを体験する方法がありますが、バーチャルFXはやはり仮想のものです。管理画面に慣れることはできますが、取引に慣れるには実際に自分の資金で行なうに越したことはありません。上手くなるためには小額でも実際のお金で為替取引したほうが早道です。麻雀でもそうですよね(笑)。


◆初心者向けの取引数量・開始資金は?

img_fx7.jpg初めてFXをする人は、小額からはじめることのできるFX業者を選んで、実際に取引してみるのが良いでしょう。FXでは1万通貨(100万円)単位での取引が基本なのですが、小額の1000通貨(1万円)で取引ができる業者がありますから、それで経験を積み、FX取引に慣れてきてから1万通貨単位での取引に移行すれば良いと思います。

FXは小額資金で始められるのが特徴なのですが、あまりに小さな元手で取引すると大きなレバレッジをかけることが必要になります。たとえば米ドルで1万通貨の取引をする場合に1万円の証拠金しかないときには100倍のレバレッジをかける必要がありますが、20万円の証拠金で取引できるならレバレッジは5倍ですみます。高いレバレッジはリスクを伴いますので初心者はなるだけ5倍以下、2、3倍のレバレッジで運用することが推奨されます。


◆小額資金・高レバレッジでの運用はリスクが大きい

初心者といえども投資用の資金をある程度用意できたほうがいいのは前述のような理由です。米ドル以外の通貨で、安価に買える通貨もありますが、初心者にはリスクが高いうえに流動性リスクも高くなりがちなので要注意です。FXでは少額過ぎる資金で高いレバレッジをかけて運用するのはリスクが高いということを理解して取引してください。


◆FXで損する人に多いパターンとは

FXで負ける人に多いパターンを知ることで、やってはいけないことを知ることができます。初心者や負ける人に多い行動パターンとして「含み損」を抱えながら、「相場が回復するかもしれないのでもう少し待とう」と考えてしまう、ということがあります。そうして逡巡していると、ますます相場が下落して含み損が大きくなってしまいます。

対処を遅らせて深刻化してから対処しよう、回復待ちで決済をしない、という迷いは危険です。最初に自分で決めた投資ルールに従い、淡々とトレードをしていくことが重要です。また「含み益」に対しても、さらに相場が上昇するかもしれないと期待して、利益確定のタイミングが遅れてしまうケースも多いので注意しましょう。

≪手数料ゼロ≫のFX取引なら。5千円から始めるFX投資。FX専業初の上場企業マネーパートナーズ

人気ブログランキングへ
posted by gnawman at 10:51 | FXの基礎知識と備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スワップポイントを狙うとは

◆FX初心者の手堅い必勝法 スワップポイント狙い

img_fx5.jpgFXは外貨の取引なので、円と外貨との金利に違いがあります。スワップポイントとは、2つの異なる通貨を売買することで発生する通貨間の金利差調整分のことです。現状では日本円の金利は外貨と比較してかなり低くなっているので、たとえば円を借りたあとにドルを買うと、その金利差分が自分の利益になります。

スワップポイント狙いは、為替差益を狙って積極的に利益を出してゆく方法ではないので、大きな利益が得られるものではありませんが、レバレッジを抑え目にして長期間ポジションを保有するという方法でスワップ金利による利益を出すことは、初心者のFXにおける手堅い必勝法のひとつだと言えます。スワップポイント狙いはFXの大きな魅力でもあるのです。


◆スワップポイントとは毎日貯まる金利です

スワップポイントの魅力は毎日受け取れることで、定期的に日銭を稼ぐには最適です。FX業者によっては毎日スワップポイントの引き出しが可能な場合もありますので、スワップポイントがFX業者選びの重要項目のひとつになります。

スワップ金利は定期預金の金利などに比べるとはるかに良い利率で、しかも福利で運用することができます。それに加えFX取引において生じるスワップポイントにはレバレッジの倍率が加算されます。外貨預金をやるより高い差益が得られるうえに満期もありません。ですからポジションを長期保有することでまとまった利益を上げることが可能なのです。


◆FX初心者が気をつけたいスワップポイントのリスク

スワップポイント狙いにもリスクはあります。注意したいのは、最初に持った「買い」ポジションのレートよりも円高になった場合です。例をあげると、1ドル100円で買ったものが、1年後に1ドル80円まで円高が進んだ場合などは為替差損が大きくなってスワップ金利を超える損失が出ます。

レバレッジを高くかけると、自己資金より多い金額に対するスワップポイントを稼ぐことができ、これがFXの魅力なのですが、その分リスクも大きくなります。なので初心者は低いレバレッジから初めるのが無難です。ロスカットにならないようにレバレッジを2倍程度までにして、慣れるとともに少しずつ上げてゆくのが安全でしょう。

●FX業界最高水準のスワップポイント提供→ フォーランドフォレックス




人気ブログランキングへ
posted by gnawman at 14:37 | FXの基礎知識と備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FX初心者が知っておきたいリスク

◆FXで儲けるためにはしっかりしたリスク管理が必要

FX取引には初心者もベテラントレーダーも同じ環境で投資をします。FX入門したての初心者だからと言っても何も優遇されません。FXは元本保証型ではないのため損失が生じた場合、全てを投資家自身がかぶることになります。なのでFXが有するリスクを事前に熟知しておくことが大切。FXで勝ち残るためにはリスク回避を徹底して行なうことが第一です。


◆FX取引にともなう基本的なリスク

オンラインリスク:FXはPCとインターネットを使って行なうものなので、パソコンの故障やウイルス感染、プロバイダやサーバーの障害などで取引ができなくなるリスクがあります。

為替変動・金利変動リスク:自分の予想に反した為替の値動きがあったり、各国の政策金利が変動するというリスクがあります。

流動性リスク:通貨のなかには流通量が少なかったり流動性が低い通貨があります。このような通貨は自分が売りたいときに決済ができない状態になることがあります。

信用リスク:利用しているFX業者が破綻すると、自分が預けたお金が返ってこない場合や、取引の機会を失う可能性が生じます。


◆マージンコールと強制ロスカット

img_fx4.jpgマージンコールとはFX業者から追加保証金の拠出を求められることで、保証金の50%強を超す損金が出たときに証拠金を追加したり、ポジションの一部を決済したりして、損失に耐えられるようにする制度です。マージンコールを受ける「一定割合」は、FX会社によって異なりますが、証拠金の50%程度が多いです。レバレッジの比率が高いほど小さな相場変動でもマージンコールがかかる仕組みになっているので初心者は注意が必要です。

FXの強制ロスカットとは証拠金維持率がある数値(証拠金の20〜30%/FX業者により異なる)より下回った場合、利用者に通知せずに取引業者によって強制的に保有ポジションの決済が行われるルールです。ロスカットと「損切り」は同意です。マージンコールもロスカットも、損失を証拠金以内の最小限に抑えるための安全弁のようなものです。 少ない資金で大きな損失を出しても、損失負担は証拠金の範囲内で収まるようにする仕組みです。

FXで注意しなければならないのは、マージンコールやロスカットを受けないような、安全圏での取引をすることです。マージンコールは証拠金の追加入金で解除できるのに対して、 ロスカットは無通知で強制的に決済させられてしまいますから注意しましょう。

FXを始めるなら≪DMM FX≫にお任せ!

人気ブログランキングへ
posted by gnawman at 11:30 | FXの基礎知識と備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FXが初心者の資金運用入門に最適な理由

◆FXが注目を集めているのはなぜ?

FXがブームになっている理由は、小額(1万円)の投資から誰でも簡単にはじめられることが大きいですね。そして儲かりそう…だという雰囲気も。儲かりそうな取引なら投資信託、株式、先物などもありますが、たとえば株取引だと最低10万円程度の自己資金が必要です。それに比べてFXは1万円からでもはじめることができ、少ない資金で大きな取引が可能だというのが、人気がある理由でしょう。


◆FXは24時間取引可能なのが魅力

FXは24時間いつでも取引ができるのも魅力です。たとえば株の場合、取引時間が9時から15時までなので、仕事を持っている人が副業として相場の動きを追い続けるのは困難です。FXの為替相場が大きく動く時間は職場からの帰宅後の夕方に多い(ロンドン市場が開始されるから)と言われていますから相場を追いやすいですし夜間の変動にも対応しやすいのです。


◆FX取引は危険なものなのか?

img_fx3.jpg以前はFXというと少し怖いイメージがありました。しかし最近では、FX業者が増えているることや、悪質なFX業者の排除が進んでいることから一般投資家も参入しやすくなりました。かつては銀行でしかFX取引ができず、資金の少ない個人投資家の場合は銀行が口座を作ってくれなかったため、簡単にはFXに参入できなかったのですが、1998年に外国為替及び外国貿易法(外為法)が改正されて銀行以外のFX取引が解禁されたのです。

改正当初は法的な規制が不十分だったため悪質業者が増えましたが、平成17年の改正金融先物取引法により、悪質FX業者は排除されて個人投資家も安心してFX取引を行なえるようになりました。


◆FXは初心者の資金運用入門に最適

FXの相場は一日中監視し続ける必要がないので、初心者でも楽に取引ができます。また取引銘柄が円、米ドル、ユーロ、ニュージーランドドルなど、ほぼ決まっているのも初心者が取り組みやすい理由です。他の金融商品に比べて少額で取引が開始できて挑戦しやすいのがFXです。そういった理由から、初めて取り組む投資がFXという人が増えてきています。

●初心者におすすめ→ FX始めるならみんなのFX





人気ブログランキングへ
posted by gnawman at 13:03 | FXの基礎知識と備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。