FX初心者の開始資金

◆バーチャルFXと実際の小額取引のどちらから入るか

初心者がFXをはじめる時の練習として、バーチャルFXを体験する方法がありますが、バーチャルFXはやはり仮想のものです。管理画面に慣れることはできますが、取引に慣れるには実際に自分の資金で行なうに越したことはありません。上手くなるためには小額でも実際のお金で為替取引したほうが早道です。麻雀でもそうですよね(笑)。


◆初心者向けの取引数量・開始資金は?

img_fx7.jpg初めてFXをする人は、小額からはじめることのできるFX業者を選んで、実際に取引してみるのが良いでしょう。FXでは1万通貨(100万円)単位での取引が基本なのですが、小額の1000通貨(1万円)で取引ができる業者がありますから、それで経験を積み、FX取引に慣れてきてから1万通貨単位での取引に移行すれば良いと思います。

FXは小額資金で始められるのが特徴なのですが、あまりに小さな元手で取引すると大きなレバレッジをかけることが必要になります。たとえば米ドルで1万通貨の取引をする場合に1万円の証拠金しかないときには100倍のレバレッジをかける必要がありますが、20万円の証拠金で取引できるならレバレッジは5倍ですみます。高いレバレッジはリスクを伴いますので初心者はなるだけ5倍以下、2、3倍のレバレッジで運用することが推奨されます。


◆小額資金・高レバレッジでの運用はリスクが大きい

初心者といえども投資用の資金をある程度用意できたほうがいいのは前述のような理由です。米ドル以外の通貨で、安価に買える通貨もありますが、初心者にはリスクが高いうえに流動性リスクも高くなりがちなので要注意です。FXでは少額過ぎる資金で高いレバレッジをかけて運用するのはリスクが高いということを理解して取引してください。


◆FXで損する人に多いパターンとは

FXで負ける人に多いパターンを知ることで、やってはいけないことを知ることができます。初心者や負ける人に多い行動パターンとして「含み損」を抱えながら、「相場が回復するかもしれないのでもう少し待とう」と考えてしまう、ということがあります。そうして逡巡していると、ますます相場が下落して含み損が大きくなってしまいます。

対処を遅らせて深刻化してから対処しよう、回復待ちで決済をしない、という迷いは危険です。最初に自分で決めた投資ルールに従い、淡々とトレードをしていくことが重要です。また「含み益」に対しても、さらに相場が上昇するかもしれないと期待して、利益確定のタイミングが遅れてしまうケースも多いので注意しましょう。

≪手数料ゼロ≫のFX取引なら。5千円から始めるFX投資。FX専業初の上場企業マネーパートナーズ

人気ブログランキングへ
posted by gnawman at 10:51 | FXの基礎知識と備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。